STERFIELD

台湾向けカー用品市場

台湾向けカー用品市場

台湾の自動車市場概況

台湾の自動車市場は、経済成長と都市化の進展に伴い着実に拡大しています。2023年の新車販売台数は約45万台で、トヨタ、ホンダ、日産などの日系ブランドが人気を誇っています。また、近年は電気自動車(EV)への関心が高まっており、テスラやローカルブランドのLUXGENなどが人気になってきています。

台湾におけるバイクと車の保有率

台湾は、バイク大国として知られています。2023年の統計によると、台湾の人口約2,300万人に対し、バイクの登録台数は約1,400万台で、人口100人当たり約61台のバイクが存在します。これは世界でも有数の高い保有率です。 一方、自動車の保有率も着実に上昇しています。2023年の自動車登録台数は約850万台で、人口100人当たり約37台となっています。都市部では駐車場の不足や渋滞の問題がありますが、郊外では自動車の需要が高まっています。

バイク保有率: 61%

自動車保有率: 37%

台湾におけるカー用品市場の特徴

台湾のカー用品市場は、以下のような特徴があります。

  • DIY文化:台湾では自動車やバイクのメンテナンスを自分で行う文化が根付いており、部品や工具の需要が高い。
  • カスタマイズへの関心:外装パーツやオーディオ機器など、車両をカスタマイズするための製品が人気。
  • 安全性重視:ドライブレコーダーやタイヤなど、安全に関連する製品の需要が増加傾向。
  • テクノロジー志向:スマートフォン連携機能や先進運転支援システム(ADAS)関連製品への関心が高い。

台湾消費者の購買行動と嗜好

台湾の消費者は以下のような特徴があるとされています。

  • 品質重視:日本製品を中心に、高品質な海外ブランドへの信頼が厚い。
  • 価格感応度:品質を重視しつつも、価格にも敏感で、お得感を求める傾向がある。
  • レビュー重視:購入前に他のユーザーのレビューや評価を詳細にチェックする。
  • SNS影響:インスタグラムやFacebookなどのSNSでの情報や口コミが購買決定に大きな影響を与える。
  • モバイルショッピング:スマートフォンを使ったモバイルショッピングが一般的。

今後の展望

台湾向けカー用品市場は、以下の要因により今後も成長が期待されます。

  • EV市場の拡大に伴う新たなカー用品需要の創出
  • テクノロジーの進化による新製品カテゴリーの登場(例:AI搭載のADASシステム)
  • 環境意識の高まりによるエコフレンドリーな製品への需要増加
  • 高齢化社会に対応した安全性や快適性を重視した製品の需要
  • 5G技術の普及によるコネクテッドカー関連製品の市場拡大

結論として、台湾向けカー用品の越境EC市場は、課題を克服しつつ、現地消費者のニーズに合わせた戦略を展開することで、大きな成長ポテンシャルを秘めています。品質、価格、サービスのバランスを取りながら、デジタルマーケティングを効果的に活用することが、この市場で成功するための鍵となるでしょう。

Author Profile

著者近影

MAKOTO TAJIRI

-越境ECコンサルタント- 貿易・国際物流分野において、営業・新規ビジネス開発・貿易実務に従事。 国際物流企業→総合コンサルティングファームを経てスターフィールド入社。 日本企業の海外輸出相談経験を持つことから、貿易・国際物流・事業構築を得意分野としています。 趣味はスイーツ(食べること専門)、愛犬と散歩、ドライブ。

SHARE

合わせて読みたい